西てらかた医院は
皆様の笑顔を大切にします。

東京都八王子市

下肢静脈瘤外来

下肢静脈瘤とは

足(下肢)の血液は静脈を通って心臓に戻っていきます。静脈には血液が重力に負けて下肢に逆流しないための薄い膜のような弁がついています。(図1)

図1:正常な静脈
図1:正常な静脈

しかし、これが立ち仕事・妊娠などで静脈に強い圧力がかかることによって弁が壊れると、血液の逆流が始まり、太くこぶのようにふくらんだりします(図2)。これが下肢静脈瘤(かしじょうみゃくりゅう)です。(図3)
下肢静脈瘤は静脈のふくらみのほかに、足がおもい・だるい・疲れ易いなどといった症状をひきおこします。

静脈瘤
図2:静脈瘤
下肢動脈瘤
図3:下肢動脈瘤

こんな症状ありませんか?(自己診断)

  • 足がおもい・だるい・疲れ易い
  • 足がつる
  • こぶ(静脈瘤)の部分に痛み・かゆみがある
  • こぶ(静脈瘤)のうえに色がつく(色素沈着:図1)。
  • こぶ(静脈瘤)のまわりに傷ができ、ジュクジュクしてなかなか治らない(皮膚炎・皮膚潰瘍:図2)
色素沈着
図1:色素沈着
下肢動脈瘤
図2:皮膚潰瘍

足がおもい・だるい・疲れ易いなどが下肢静脈瘤に多く見られる症状です。症状がひどくなり炎症が加わると、上に示した写真のようにこぶの周囲の色素沈着・皮膚潰瘍などさまざまな症状が出現します。

どんな検査があるの?

超音波ドップラー法

超音波血流計という器具を使用して、血液の逆流の有無を確認し、逆流があるとしたら、どの程度なのかを検査します。

三次元CTスキャン撮影法(3DCT)

超高速マルチスライス3DCTにより、造影剤を使わずに、患者様の下肢の静脈瘤を立体的に撮影します。従来の下肢静脈瘤造影と比べ、造影剤によるアレルギーの心配がなく、痛みない検査方法です。

どんな治療があるの?

保存療法

弾性ストッキングや弾性包帯で、下肢にできた静脈瘤(こぶ)を外から圧迫することにより、静脈の逆流と静脈瘤内に血がたまるのを防ぐ方法です。しかし根本的な治療法ではなく、静脈瘤の進行を防ぐためのものです。

硬化剤注入と弾性包帯による圧迫

硬化療法

軽いタイプ(くもの巣状など)の静脈瘤に対して、硬化剤という薬剤を静脈瘤に直接注射する治療方法です。外来にて治療が可能です。

静脈瘤(くもの巣状)

高位結紮術(こういけっさつじゅつ)

静脈瘤の原因となる静脈を糸でしばり(結紮)切り離す治療法です。硬化療法を併用して行う場合もあります。
手術は提携病院にて池谷江利子医師が行います。上記手術についても当院外来にてご相談ください。

ストリッピング術

手術により静脈瘤の原因となる静脈を抜去する治療方法です。再発が最も少なく確実な治療方法です。手術は提携病院にて池谷江利子医師が行います。上記手術についても当院外来にてご相談ください。

術前
術後

血管内焼灼術(レーザー治療・ラジオ波治療)

静脈瘤内に、細いレーザーファイバーを直接挿入し、静脈瘤を内から焼却する新しい治療方法です。患者様の体の負担が少なくストリッピング術と同様の効果が得られます。局所麻酔による日帰り手術で行います。

2016年4月より提携病院にて血管内焼灼術(ラジオ波治療)を始めました。手術は池谷江利子医師が行います。血管内焼灼術についても当外来にて御相談ください。

ご予約・お問い合わせCONTACT

042-650-5055